#浮世絵 Instagram Photos & Videos

浮世絵 - 106.1k posts

Top Posts

Advertisements

  • .
#TBT to our first original ukiyo-e as KISS rocks on with their #EndOfTheRoad tour...🔥
.
KISS X UKIYO-E PROJECT COLLAB
"Kabuki" (2015)
.
This portrait composition was very popular in the Ukiyo-e world, especially when illustrating kabuki actors. The zig-zag pattern on the kimono comes from “47 Ronin” (Ako Roshi) - a true story from the 18th century of exemplary bushido or the “way of the samurai”, which has since been adapted into a major kabuki play. Not only as an emblematic figure in the music world was KISS the perfect choice to kick off our artist collaboration project - their signature make-up look was actually inspired by Japanese traditional culture, kabuki's kumadori make-up.
.
「接吻四人衆大首揃」(2015年)
題名通り、本作品はメンバー4人の大首を合わせた構図で、昔からよく役者絵に用いられていた構成です。
着物の柄は赤穂浪士をベースにしています。メイクの色合いは、あえて実際より薄くして歌舞伎の隈取りの様に仕上げました。
.
#KISS #47ronin #kabuki #kumadori #rockstar #ishikawamasumi #赤穂浪士 #歌舞伎 #隈取り #ロックンロール #石川真澄 #woodblockprint
  • .
    #TBT to our first original ukiyo-e as KISS rocks on with their #EndOfTheRoad tour...🔥
    .
    KISS X UKIYO-E PROJECT COLLAB
    "Kabuki" (2015)
    .
    This portrait composition was very popular in the Ukiyo-e world, especially when illustrating kabuki actors. The zig-zag pattern on the kimono comes from “47 Ronin” (Ako Roshi) - a true story from the 18th century of exemplary bushido or the “way of the samurai”, which has since been adapted into a major kabuki play. Not only as an emblematic figure in the music world was KISS the perfect choice to kick off our artist collaboration project - their signature make-up look was actually inspired by Japanese traditional culture, kabuki's kumadori make-up.
    .
    「接吻四人衆大首揃」(2015年)
    題名通り、本作品はメンバー4人の大首を合わせた構図で、昔からよく役者絵に用いられていた構成です。
    着物の柄は赤穂浪士をベースにしています。メイクの色合いは、あえて実際より薄くして歌舞伎の隈取りの様に仕上げました。
    .
    #KISS #47ronin #kabuki #kumadori #rockstar #ishikawamasumi #赤穂浪士 #歌舞伎 #隈取り #ロックンロール #石川真澄 #woodblockprint
  • 685 8 30 May, 2019

Advertisements

  • ______________________________________________ “The Moon and the Helm of a Boat” | By: Tsukioka Yoshitoshi (1839-1892) 
_______________________________________________
Created in 1887, for the series “One Hundred Aspects of the Moon”, this sublime print brilliantly depicts Taira no Kiyotsune (1163-1185), the young general and grandson of the ruthless Taira clan leader Taira no Kiyomori (1118-1181).
As the ships of his clan burn in the distance, the 22 years young Kiyotsune sits beneath a full moon at the helm of his war ship, playing the flute one last time before committing suicide by drowning. 
After 20 years of supremacy, fate turned on the Taira clan and Kiyomori's sons, the last of the head family of the Kammu Heishi line, when they were eventually defeated by the 6 armies of Minamoto no Yoritomo (1147-1199) at the battle of Dan-no-ura (壇ノ浦の戦い) in 1185. It was the last battle of the Genpei War, a major sea battle located at the Kanmon Straits (関門海峡 Kanmon-kaikyō) or the Straits of Shimonoseki, off the southern tip of Honshū, involving roughly 700-800 ships.
This story is told in the early Japanese epic, The Tale of the Heike (Heike Monogatari). The Taira clan is often referred to as Heishi (平氏, "Taira clan") or Heike (平家, "House of Taira"), using the character's Chinese reading hei. 
_______________________________________________
#picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
#printmaking #reliefprinting 
#japanesetattoo #tsukiokayoshitoshi #tairanokiyotsune #tairaclan
  • ______________________________________________ “The Moon and the Helm of a Boat” | By: Tsukioka Yoshitoshi (1839-1892)
    _______________________________________________
    Created in 1887, for the series “One Hundred Aspects of the Moon”, this sublime print brilliantly depicts Taira no Kiyotsune (1163-1185), the young general and grandson of the ruthless Taira clan leader Taira no Kiyomori (1118-1181).
    As the ships of his clan burn in the distance, the 22 years young Kiyotsune sits beneath a full moon at the helm of his war ship, playing the flute one last time before committing suicide by drowning.
    After 20 years of supremacy, fate turned on the Taira clan and Kiyomori's sons, the last of the head family of the Kammu Heishi line, when they were eventually defeated by the 6 armies of Minamoto no Yoritomo (1147-1199) at the battle of Dan-no-ura (壇ノ浦の戦い) in 1185. It was the last battle of the Genpei War, a major sea battle located at the Kanmon Straits (関門海峡 Kanmon-kaikyō) or the Straits of Shimonoseki, off the southern tip of Honshū, involving roughly 700-800 ships.
    This story is told in the early Japanese epic, The Tale of the Heike (Heike Monogatari). The Taira clan is often referred to as Heishi (平氏, "Taira clan") or Heike (平家, "House of Taira"), using the character's Chinese reading hei.
    _______________________________________________
    #picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
    #printmaking #reliefprinting
    #japanesetattoo #tsukiokayoshitoshi #tairanokiyotsune #tairaclan
  • 669 4 16 hours ago

Advertisements

  • ______________________________________________ “Moon and Engaku-ji Temple” | By: Kasamatsu Shiro (1898-1991)
_______________________________________________
Created in 1953, this awesome shin-hanga print depicts Engaku-ji (円覚寺) at night, with the full moon shining brightly from above.
This temple is one of the most important Zen Buddhist temple complexes in Japan and is ranked second among Kamakura's Five Mountains. It is situated in the city of Kamakura, in Kanagawa prefecture to the south of Tokyo. Founded in 1282 (Kamakura period), the temple maintains the classical Chinese Zen monastic design, and both the Shariden and the Great Bell are designated National Treasures. 
When the publisher Watanabe Shozaburo (1885-1962) saw one of Kasamatsu's paintings, he was very much impressed and convinced the young artist to make designs for woodblock prints. This was the beginning of a long and fruitful cooperation which started in 1919.
By the late 1940s Kasamatsu had already created more than 50 prints commissioned and published by Watanabe.
_______________________________________________
#picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
#printmaking #reliefprinting 
#japanesetattoo #kasamatsushiro #shinhanga #engakuji
  • ______________________________________________ “Moon and Engaku-ji Temple” | By: Kasamatsu Shiro (1898-1991)
    _______________________________________________
    Created in 1953, this awesome shin-hanga print depicts Engaku-ji (円覚寺) at night, with the full moon shining brightly from above.
    This temple is one of the most important Zen Buddhist temple complexes in Japan and is ranked second among Kamakura's Five Mountains. It is situated in the city of Kamakura, in Kanagawa prefecture to the south of Tokyo. Founded in 1282 (Kamakura period), the temple maintains the classical Chinese Zen monastic design, and both the Shariden and the Great Bell are designated National Treasures.
    When the publisher Watanabe Shozaburo (1885-1962) saw one of Kasamatsu's paintings, he was very much impressed and convinced the young artist to make designs for woodblock prints. This was the beginning of a long and fruitful cooperation which started in 1919.
    By the late 1940s Kasamatsu had already created more than 50 prints commissioned and published by Watanabe.
    _______________________________________________
    #picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
    #printmaking #reliefprinting
    #japanesetattoo #kasamatsushiro #shinhanga #engakuji
  • 2,421 15 14 June, 2019
  • 小原古邨(祥邨)『月に木菟』
Ohara Koson(Shoson)『Tsuki-ni-Mimizuku』
#小原古邨  #浮世絵 #日本画 #木版画
#koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_ 
___________________________________________________________ '

小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 小原古邨(祥邨)『月に木菟』
    Ohara Koson(Shoson)『Tsuki-ni-Mimizuku』
    #小原古邨 #浮世絵 #日本画 #木版画
    #koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_
    ___________________________________________________________ '

    小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

    そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

    画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

    渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

    1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

    1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 507 8 16 May, 2019
  • ______________________________________________ “Yotsuya Kaidan” | By: Shunbaisai Hokuei (?-1837)
_______________________________________________
Created in 1832, this ghostly print depicts an imaginary view of kabuki actor Arashi Rikan II (1788-1837), in the role of the rōnin Tamiya Lemon, confronted by an image of the murdered Oiwa, emerging from a broken lantern. 
Yotsuya Kaidan (四谷怪談), the story of Oiwa and Tamiya Lemon, is a tale of betrayal, murder, and ghostly revenge. Arguably the most famous Japanese ghost story of all time, it has been adapted for film over 30 times, and continues to be an influence on Japanese horror today.
Being a popular Kabuki play, Yotsuya Kaidan soon became a popular subject for ukiyo-e artists as well.
In 1826, the same year the play opened at Sumiza Theater in Osaka, Shunkōsai Hokushū (active. 1802-1832) produced “The Ghost of Oiwa”, recognizable by her drooping eyes and partial baldness. 
Katsushika Hokusai (1760-1849) created perhaps the most iconic image of Oiwa, in his series “One Hundred Ghost Stories”, in which he drew the face of her angry spirit merged with a temple lantern in ca. 1831. 
The above print is referenced from Hokusai's design, also including Lemon as he turns to meet the apparition, with his sword drawn. 
The artist Shunbaisai Hokuei, also known as Shunkō III, was a designer of ukiyo-e style Japanese woodblock prints in Osaka, and was active from about 1824 to 1837. He was a student of Shunkōsai Hokushū. Hokuei’s prints most often portray the kabuki actor Arashi Rikan II.
_______________________________________________
#picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
#printmaking #reliefprinting 
#japanesetattoo #yotsuyakaidan #Shunbaisaihokuei #oiwa #arashirikanII
  • ______________________________________________ “Yotsuya Kaidan” | By: Shunbaisai Hokuei (?-1837)
    _______________________________________________
    Created in 1832, this ghostly print depicts an imaginary view of kabuki actor Arashi Rikan II (1788-1837), in the role of the rōnin Tamiya Lemon, confronted by an image of the murdered Oiwa, emerging from a broken lantern.
    Yotsuya Kaidan (四谷怪談), the story of Oiwa and Tamiya Lemon, is a tale of betrayal, murder, and ghostly revenge. Arguably the most famous Japanese ghost story of all time, it has been adapted for film over 30 times, and continues to be an influence on Japanese horror today.
    Being a popular Kabuki play, Yotsuya Kaidan soon became a popular subject for ukiyo-e artists as well.
    In 1826, the same year the play opened at Sumiza Theater in Osaka, Shunkōsai Hokushū (active. 1802-1832) produced “The Ghost of Oiwa”, recognizable by her drooping eyes and partial baldness.
    Katsushika Hokusai (1760-1849) created perhaps the most iconic image of Oiwa, in his series “One Hundred Ghost Stories”, in which he drew the face of her angry spirit merged with a temple lantern in ca. 1831.
    The above print is referenced from Hokusai's design, also including Lemon as he turns to meet the apparition, with his sword drawn.
    The artist Shunbaisai Hokuei, also known as Shunkō III, was a designer of ukiyo-e style Japanese woodblock prints in Osaka, and was active from about 1824 to 1837. He was a student of Shunkōsai Hokushū. Hokuei’s prints most often portray the kabuki actor Arashi Rikan II.
    _______________________________________________
    #picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
    #printmaking #reliefprinting
    #japanesetattoo #yotsuyakaidan #Shunbaisaihokuei #oiwa #arashirikanII
  • 1,537 11 16 June, 2019

Advertisements

  • 小原古邨(祥邨)『雪の鶲』
Ohara Koson(Shoson)『Yuki-no-Hitaki』
#小原古邨  #浮世絵 #日本画 
#koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_ 
___________________________________________________________ '

小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 小原古邨(祥邨)『雪の鶲』
    Ohara Koson(Shoson)『Yuki-no-Hitaki』
    #小原古邨 #浮世絵 #日本画
    #koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_
    ___________________________________________________________ '

    小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

    そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

    画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

    渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

    1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

    1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 529 8 8 June, 2019
  • ______________________________________________
“Maiko Admiring the Moon” | By: Yoshikawa Kanpo (1894-1979)
______________________________________________
Created in 1924, this stunning bijin-ga print depicts a nighttime scene of a beautiful geisha apprentice from Kyoto's Gion district, known as a “Maiko”. She stands on a balcony next to a lantern, admiring the moon and dressed in a gorgeous floral kimono, its cool colours complementing a moonlit backdrop of a superbly executed blue bokashi gradation of colour. 
Maiko are usually aged 15 to 20 years old and become geisha after learning traditional dances, playing the shamisen, and learning Kyō-kotoba (dialect of Kyoto). At night, they go out to work, dancing, singing, playing the shamisen and serving visitors at exclusive ochaya tea houses. 
The artist Yoshikawa Kanpo had skills as a stage designer, writer and printmaker, with additional training in Japanese-style painting. He wrote books about kabuki theatre and Japanese prints, and had a keen interest in traditional Japanese music. 
His maiko prints, published by Kyoto based Sato Shotaro, a shin-hanga competitor to Shōzaburō Watanabe (1885-1962), are among the finest of the early shin-hanga prints in the genre of beauty. 
______________________________________________
#picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
#printmaking #reliefprinting 
#japanesetattoo #yoshikawakanpo #satoshotaro #maiko #geisha #bijinga
  • ______________________________________________
    “Maiko Admiring the Moon” | By: Yoshikawa Kanpo (1894-1979)
    ______________________________________________
    Created in 1924, this stunning bijin-ga print depicts a nighttime scene of a beautiful geisha apprentice from Kyoto's Gion district, known as a “Maiko”. She stands on a balcony next to a lantern, admiring the moon and dressed in a gorgeous floral kimono, its cool colours complementing a moonlit backdrop of a superbly executed blue bokashi gradation of colour.
    Maiko are usually aged 15 to 20 years old and become geisha after learning traditional dances, playing the shamisen, and learning Kyō-kotoba (dialect of Kyoto). At night, they go out to work, dancing, singing, playing the shamisen and serving visitors at exclusive ochaya tea houses.
    The artist Yoshikawa Kanpo had skills as a stage designer, writer and printmaker, with additional training in Japanese-style painting. He wrote books about kabuki theatre and Japanese prints, and had a keen interest in traditional Japanese music.
    His maiko prints, published by Kyoto based Sato Shotaro, a shin-hanga competitor to Shōzaburō Watanabe (1885-1962), are among the finest of the early shin-hanga prints in the genre of beauty.
    ______________________________________________
    #picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
    #printmaking #reliefprinting
    #japanesetattoo #yoshikawakanpo #satoshotaro #maiko #geisha #bijinga
  • 1,139 2 13 June, 2019
  • 小原古邨(祥邨)『鯉と白蓮』
Ohara Koson(Shoson)『Koi-to-Hakuren』
#小原古邨  #浮世絵 #日本画 
#koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_ 
___________________________________________________________ '

小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 小原古邨(祥邨)『鯉と白蓮』
    Ohara Koson(Shoson)『Koi-to-Hakuren』
    #小原古邨 #浮世絵 #日本画
    #koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_
    ___________________________________________________________ '

    小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

    そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

    画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

    渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

    1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

    1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 570 6 1 June, 2019

Latest Instagram Posts

Advertisements

Advertisements

  • #横浜 が描かれた開国以降の #浮世絵 の展覧会を見つけたので見学。
  • #横浜 が描かれた開国以降の #浮世絵 の展覧会を見つけたので見学。
  • 3 0 51 minutes ago

Advertisements

Advertisements

  • nekomata 猫また 
In Japanese folklore it is believed that when cats come of a certain age their tails will fork and they will acquire magic. They will turn into nekomata, youkai that cause trouble much alike a poltergeist. They were associated with strange fires and even necromancy. (as cats in Japan are linked to death.) In some tales these cats can shapeshift into women or to a monstrous size. In the Edo period these superstitions caused many people to clip the tails of kittens so they may never form another one or to not keep cats around too long altogether.
...
Basically cats are spoopy weirdos and old Japan could not even. It is my theory that the Japanese bobtail breed came into existence because of this lore. More research here we go!
...
#nekomata #猫また #妖怪 #youkai #ukiyoe #浮世絵 #watercolor #japanesefolklore #calicocat
  • nekomata 猫また
    In Japanese folklore it is believed that when cats come of a certain age their tails will fork and they will acquire magic. They will turn into nekomata, youkai that cause trouble much alike a poltergeist. They were associated with strange fires and even necromancy. (as cats in Japan are linked to death.) In some tales these cats can shapeshift into women or to a monstrous size. In the Edo period these superstitions caused many people to clip the tails of kittens so they may never form another one or to not keep cats around too long altogether.
    ...
    Basically cats are spoopy weirdos and old Japan could not even. It is my theory that the Japanese bobtail breed came into existence because of this lore. More research here we go!
    ...
    #nekomata #猫また #妖怪 #youkai #ukiyoe #浮世絵 #watercolor #japanesefolklore #calicocat
  • 238 6 1 hour ago
  • なんで描いたかわからない

#浮世絵
  • なんで描いたかわからない

    #浮世絵
  • 16 0 2 hours ago

Advertisements

  • 後々、額に入るのか、ブローチになるのか?まだ迷い中ですが、浮世絵をもう1つ追加ー♪
右上に |д゚)チラッ っと写ってる鳥獣戯画シリーズも、7個ぐらい増産✨
また、仕上がったらアップしましょうー(^^) #刺繍#embroidered#ChicChic#浮世絵#鳥獣戯画#手刺繍
  • 後々、額に入るのか、ブローチになるのか?まだ迷い中ですが、浮世絵をもう1つ追加ー♪
    右上に |д゚)チラッ っと写ってる鳥獣戯画シリーズも、7個ぐらい増産✨
    また、仕上がったらアップしましょうー(^^) #刺繍 #embroidered #ChicChic #浮世絵 #鳥獣戯画 #手刺繍
  • 16 0 4 hours ago
  • 雨(#rain) 1

題名:名所江戸百景 赤坂桐畑雨中夕けい
絵師:歌川(二代)広重
版元:魚屋栄吉(魚栄堂)
形式:縮緬絵(#crepe_paper)
年代:安政6年4月

初代広重『名所江戸百景』シリーズ中、唯一「二世廣重畫」と落款された弟子重宣の作品で、広重名跡を継承したことを知らせる襲名披露を兼ねています。安政3年4月、初代が「赤坂桐畑」という作品を版行しており、それに「雨中」と「夕けい」を加えた題名です。

日の沈んだ「夕けい」は広重が亡くなったことを暗示しています。また、「雨中」は悲しみの涙雨と思われます。その2つを師の作品に加え捧げることによって、深く哀悼の意を表し、後継者として浮世絵界に立つことを宣言したものです。画中左側に赤坂御門下の火の見櫓が見えていますが、これも、定火消同心であった広重を偲ぶものでしょう。雨に濡れる桐の花が健気です。

雨に烟る背景には、赤坂御門へ向かう坂を歩く人々が描かれています。そこには、紀伊徳川家、彦根藩井伊家の屋敷と森が広がっていますが、これらは西国(大名)を意味し、初代広重が西方極楽浄土へ向かったことの暗喩と考えれば、本作品には二代広重の思いがかなり重ねて描き込まれていることが判ります。

なお、本作品は縮緬加工が施された珍しい作品です。

#市民の浮世絵美術館#長野浮世絵研究会#長野県カルチャーセンター#浮世絵に聞く#浮世絵#錦絵#江戸#広重#重宣#名所江戸百景#赤坂#桐畑#雨#夕景#縮緬絵#ukiyoe#nishikie#woodblockprint#Edo#Hiroshige#Shigenobu#Meishoedohyakkei#one_hundred_famous_views_of_Edo#Akasaka#Ame#Yukei #evening_scene
  • 雨( #rain ) 1

    題名:名所江戸百景 赤坂桐畑雨中夕けい
    絵師:歌川(二代)広重
    版元:魚屋栄吉(魚栄堂)
    形式:縮緬絵( #crepe_paper
    年代:安政6年4月

    初代広重『名所江戸百景』シリーズ中、唯一「二世廣重畫」と落款された弟子重宣の作品で、広重名跡を継承したことを知らせる襲名披露を兼ねています。安政3年4月、初代が「赤坂桐畑」という作品を版行しており、それに「雨中」と「夕けい」を加えた題名です。

    日の沈んだ「夕けい」は広重が亡くなったことを暗示しています。また、「雨中」は悲しみの涙雨と思われます。その2つを師の作品に加え捧げることによって、深く哀悼の意を表し、後継者として浮世絵界に立つことを宣言したものです。画中左側に赤坂御門下の火の見櫓が見えていますが、これも、定火消同心であった広重を偲ぶものでしょう。雨に濡れる桐の花が健気です。

    雨に烟る背景には、赤坂御門へ向かう坂を歩く人々が描かれています。そこには、紀伊徳川家、彦根藩井伊家の屋敷と森が広がっていますが、これらは西国(大名)を意味し、初代広重が西方極楽浄土へ向かったことの暗喩と考えれば、本作品には二代広重の思いがかなり重ねて描き込まれていることが判ります。

    なお、本作品は縮緬加工が施された珍しい作品です。

    #市民の浮世絵美術館 #長野浮世絵研究会 #長野県カルチャーセンター #浮世絵に聞く #浮世絵 #錦絵 #江戸 #広重 #重宣 #名所江戸百景 #赤坂 #桐畑 #雨 #夕景 #縮緬絵 #ukiyoe #nishikie #woodblockprint #Edo #Hiroshige #Shigenobu #Meishoedohyakkei #one_hundred_famous_views_of_Edo #Akasaka #Ame #Yukei #evening_scene
  • 72 0 5 hours ago

Advertisements

  • One Hundred Famous Views of Edo: The City Flourishing, Tanabata Festival, Utagawa Hiroshige, 1857
七夕傳入日本後成為五節之一,這一天日本人會在「短冊」(竹皮、樹皮或紙條)上記下心願並綁在竹子上許願,後來演變成商家在七夕當天懸掛大型裝飾的日本特有習俗。圖中商家懸掛了西瓜、算盤、帳簿及鯛魚的裝飾,都含有「商売繁盛」的意味在。

名所江戶百景:市中繁榮七夕祭,歌川廣重,1857年

#ukiyoe #art #picoftheday #painting #japanart #Hiroshige #浮世絵 #広重 #江戸 #七夕
  • One Hundred Famous Views of Edo: The City Flourishing, Tanabata Festival, Utagawa Hiroshige, 1857
    七夕傳入日本後成為五節之一,這一天日本人會在「短冊」(竹皮、樹皮或紙條)上記下心願並綁在竹子上許願,後來演變成商家在七夕當天懸掛大型裝飾的日本特有習俗。圖中商家懸掛了西瓜、算盤、帳簿及鯛魚的裝飾,都含有「商売繁盛」的意味在。

    名所江戶百景:市中繁榮七夕祭,歌川廣重,1857年

    #ukiyoe #art #picoftheday #painting #japanart #Hiroshige #浮世絵 #広重 #江戸 #七夕
  • 79 0 7 hours ago

Advertisements

  • FLOWER
  • FLOWER
  • 21 1 12 hours ago
  • UKIYO呑み 
 ▼プロジェクト挑戦中
 @ukiyoorchestra  


#guitar
#bass
#drums
#篠笛
#和太鼓 
#voice
#ukiyoorchestra
#ukiyoe
#浮世絵
#live
#jazzfusion 
#ジャズ
#japanesemusic
#taiko
#hue 
  • UKIYO呑み 
     ▼プロジェクト挑戦中
     @ukiyoorchestra  
    
    
     #guitar 
    #bass 
    #drums 
    #篠笛 
    #和太鼓 
     #voice 
    #ukiyoorchestra 
    #ukiyoe 
    #浮世絵 
    #live 
    #jazzfusion 
    #ジャズ 
    #japanesemusic 
    #taiko 
    #hue 
  • 30 1 14 hours ago
  • Tale of the Soga Brothers... a revenge tale with everything in it to be an amazing #anime. Have no idea why it hasn't been done already, to my knowledge anyway. I love the #artist Toshihide Migita dramatic use of perspective. If you look closely at the open door, you can see silver streaks of #rain dashing through. You can just imagine this scene in an anime, before the guy is about to strike, there's just silence and the rain pouring down. Around this time the style in #woodblock prints change, the warriors are starting to look more slicker, with the long hair and muscular physique common to the heroes of #shonen and #seinen anime!
  • Tale of the Soga Brothers... a revenge tale with everything in it to be an amazing #anime . Have no idea why it hasn't been done already, to my knowledge anyway. I love the #artist Toshihide Migita dramatic use of perspective. If you look closely at the open door, you can see silver streaks of #rain dashing through. You can just imagine this scene in an anime, before the guy is about to strike, there's just silence and the rain pouring down. Around this time the style in #woodblock prints change, the warriors are starting to look more slicker, with the long hair and muscular physique common to the heroes of #shonen and #seinen anime!
  • 22 1 15 hours ago
  • 伝えたい日本のこころより第50話「山中鹿介ーー我に七難八苦を与えたまえ」 ・
・
1565年、毛利の大軍が尼子氏の月山富田城を包囲して半年、鹿介は山の端にかかる三日月に祈りました。
「三日月よ、主家再興のためには、我に七難八苦を与えたまえ」
しかし、翌年、月山富田城は落城、その後十年間、孤軍奮闘の鹿介は、ただ一筋にお家再興を念じ、あらゆる手段で毛利との抗争を繰り広げました。 ・
・
・
昔の侍は、目標達成のためには自分に七難八苦、艱難辛苦を与えよ、と祈った。血で血を洗う戦国の世の武士の生き方は今の時代には参考にならないかもしれません。この絵のテーマに反発を覚える方もあるでしょう。
しかし、都合のよいことばかり神頼みに祈る現代人のおごり、有り難さ知らず、情けなさを反省するときなどには、この戦国武将の名場面が良いインスピレーションを与えてくれるように思います。
あるいは、どうにもならない人生の苦しい時期を乗り越えるためには、こうした武将の生き方、姿勢が生きる力を与えてくれることもあるかもしれません。

浮世絵でも大変人気の名場面「三日月に祈る」、この作品、実は私も大変つらく苦しい時期に描いて、自分を勇気づけたことでした。
・
・
・
・
#山中鹿介 
#月山富田城
#安来 
#城
#明智光秀
#織田信長
#毛利
#出雲
#浮世絵 
#三日月
#ストロベリームーン 
#甲冑
#絵本 
#中村麻美伝えたい日本のこころ美術館 
#絵本伝えたい日本のこころより 
#ukiyoe 
#japaneseart 
#japanesehistory 
#illustgram 
#japaneseprint 
#art
#japan_gallery 
#bushi 
#bushido
#samurai
#armour 
#shimane 
#japan
#japon 
#maminoemuseum
  • 伝えたい日本のこころより第50話「山中鹿介ーー我に七難八苦を与えたまえ」 ・

    1565年、毛利の大軍が尼子氏の月山富田城を包囲して半年、鹿介は山の端にかかる三日月に祈りました。
    「三日月よ、主家再興のためには、我に七難八苦を与えたまえ」
    しかし、翌年、月山富田城は落城、その後十年間、孤軍奮闘の鹿介は、ただ一筋にお家再興を念じ、あらゆる手段で毛利との抗争を繰り広げました。 ・


    昔の侍は、目標達成のためには自分に七難八苦、艱難辛苦を与えよ、と祈った。血で血を洗う戦国の世の武士の生き方は今の時代には参考にならないかもしれません。この絵のテーマに反発を覚える方もあるでしょう。
    しかし、都合のよいことばかり神頼みに祈る現代人のおごり、有り難さ知らず、情けなさを反省するときなどには、この戦国武将の名場面が良いインスピレーションを与えてくれるように思います。
    あるいは、どうにもならない人生の苦しい時期を乗り越えるためには、こうした武将の生き方、姿勢が生きる力を与えてくれることもあるかもしれません。

    浮世絵でも大変人気の名場面「三日月に祈る」、この作品、実は私も大変つらく苦しい時期に描いて、自分を勇気づけたことでした。




    #山中鹿介
    #月山富田城
    #安来
    #城
    #明智光秀
    #織田信長
    #毛利
    #出雲
    #浮世絵
    #三日月
    #ストロベリームーン
    #甲冑
    #絵本
    #中村麻美伝えたい日本のこころ美術館
    #絵本伝えたい日本のこころより
    #ukiyoe
    #japaneseart
    #japanesehistory
    #illustgram
    #japaneseprint
    #art
    #japan_gallery
    #bushi
    #bushido
    #samurai
    #armour
    #shimane
    #japan
    #japon
    #maminoemuseum
  • 45 2 16 hours ago
  • ______________________________________________ “The Moon and the Helm of a Boat” | By: Tsukioka Yoshitoshi (1839-1892) 
_______________________________________________
Created in 1887, for the series “One Hundred Aspects of the Moon”, this sublime print brilliantly depicts Taira no Kiyotsune (1163-1185), the young general and grandson of the ruthless Taira clan leader Taira no Kiyomori (1118-1181).
As the ships of his clan burn in the distance, the 22 years young Kiyotsune sits beneath a full moon at the helm of his war ship, playing the flute one last time before committing suicide by drowning. 
After 20 years of supremacy, fate turned on the Taira clan and Kiyomori's sons, the last of the head family of the Kammu Heishi line, when they were eventually defeated by the 6 armies of Minamoto no Yoritomo (1147-1199) at the battle of Dan-no-ura (壇ノ浦の戦い) in 1185. It was the last battle of the Genpei War, a major sea battle located at the Kanmon Straits (関門海峡 Kanmon-kaikyō) or the Straits of Shimonoseki, off the southern tip of Honshū, involving roughly 700-800 ships.
This story is told in the early Japanese epic, The Tale of the Heike (Heike Monogatari). The Taira clan is often referred to as Heishi (平氏, "Taira clan") or Heike (平家, "House of Taira"), using the character's Chinese reading hei. 
_______________________________________________
#picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
#printmaking #reliefprinting 
#japanesetattoo #tsukiokayoshitoshi #tairanokiyotsune #tairaclan
  • ______________________________________________ “The Moon and the Helm of a Boat” | By: Tsukioka Yoshitoshi (1839-1892)
    _______________________________________________
    Created in 1887, for the series “One Hundred Aspects of the Moon”, this sublime print brilliantly depicts Taira no Kiyotsune (1163-1185), the young general and grandson of the ruthless Taira clan leader Taira no Kiyomori (1118-1181).
    As the ships of his clan burn in the distance, the 22 years young Kiyotsune sits beneath a full moon at the helm of his war ship, playing the flute one last time before committing suicide by drowning.
    After 20 years of supremacy, fate turned on the Taira clan and Kiyomori's sons, the last of the head family of the Kammu Heishi line, when they were eventually defeated by the 6 armies of Minamoto no Yoritomo (1147-1199) at the battle of Dan-no-ura (壇ノ浦の戦い) in 1185. It was the last battle of the Genpei War, a major sea battle located at the Kanmon Straits (関門海峡 Kanmon-kaikyō) or the Straits of Shimonoseki, off the southern tip of Honshū, involving roughly 700-800 ships.
    This story is told in the early Japanese epic, The Tale of the Heike (Heike Monogatari). The Taira clan is often referred to as Heishi (平氏, "Taira clan") or Heike (平家, "House of Taira"), using the character's Chinese reading hei.
    _______________________________________________
    #picturesofthefloatingworld #ukiyoe #浮世絵 #art #artist #artwork #fineart #japaneseart #japanesehistory #arthistory #arteducation #artmuseum #drawing #painting #woodblockprint #japaneseprint
    #printmaking #reliefprinting
    #japanesetattoo #tsukiokayoshitoshi #tairanokiyotsune #tairaclan
  • 669 4 16 hours ago
  • 昨日が最終日の「ムーミン展」。2回目でした。が、入口で30分待ちの激混み。驚いたのはトーベ・ヤンソンも北斎の画法を模倣していたこと。拝観後、図録を購入するのも30分待ち。改めて「最終日は避けるべし」でした。#森アーツギャラリー#六本木ヒルズ#浮世絵#葛飾北斎#art
  • 昨日が最終日の「ムーミン展」。2回目でした。が、入口で30分待ちの激混み。驚いたのはトーベ・ヤンソンも北斎の画法を模倣していたこと。拝観後、図録を購入するのも30分待ち。改めて「最終日は避けるべし」でした。 #森アーツギャラリー #六本木ヒルズ #浮世絵 #葛飾北斎 #art
  • 27 0 16 hours ago
  • 福岡PARCO @side_store_  出張凹ボコ
今月末までポップアップに参加中なのですが、
こちらは、福岡でご購入くださったお客様が投稿してくださったお写真です。

粋でかっこよく、こういう見せ方もあるのか✨って学ばせていただきました✨
愛あるお写真を撮ってくださり、
ありがとうございます♥️ 幸せな気持ちになりました。
素敵だったから、リポストさせていただきます。

#Repost @_idadas_ with @get_repost
・・・
衝動買い奴〜🇯🇵🇨🇳
.
#四次元ニイハオ #鶴 #浮世絵 #bi
  • 福岡PARCO @side_store_ 出張凹ボコ
    今月末までポップアップに参加中なのですが、
    こちらは、福岡でご購入くださったお客様が投稿してくださったお写真です。

    粋でかっこよく、こういう見せ方もあるのか✨って学ばせていただきました✨
    愛あるお写真を撮ってくださり、
    ありがとうございます♥️ 幸せな気持ちになりました。
    素敵だったから、リポストさせていただきます。

    #Repost @_idadas_ with @get_repost
    ・・・
    衝動買い奴〜🇯🇵🇨🇳
    .
    #四次元ニイハオ #鶴 #浮世絵 #bi
  • 66 1 17 hours ago
  • 小原古邨(祥邨)『鷺と三日月』
Ohara Koson(Shoson)『Sagi-to-Mikazuki』
#小原古邨  #浮世絵 #日本画 
#koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_ 
___________________________________________________________ '

小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 小原古邨(祥邨)『鷺と三日月』
    Ohara Koson(Shoson)『Sagi-to-Mikazuki』
    #小原古邨 #浮世絵 #日本画
    #koson #ukiyoe #japaneseart #japanart #art_of_japan_
    ___________________________________________________________ '

    小原又雄は1890年代初頭(明治23年頃)、東京へ出て、花鳥画を得意にしていた鈴木華邨に師事して日本画を習得、やがてアーネスト・フェノロサの指導のもと、まず「古邨」と号して肉筆画の花鳥画を描き、共進会に出品もしている。1899年(明治32年)から日本絵画協会主催の展覧会、共進会展に上村松園、小林古径、竹内栖鳳などと並んで出品する。1899年(明治32年)10月、第7回日本絵画協会・第2回日本美術院連合絵画共進会展で「寒月」で3等褒状を与えられ、1900年(明治33年)10月)から1902年(明治35年)3月までの期間に第9回共進会展「花鳥獣(四種)」、第10回共進会展「からすうり」、第11回共進会展「嵐」、第12回共進会展では「花鳥百種」ですべて2等褒状を得るといったように輝かしい活躍をした。1903年(明治36年)高橋鐵太郎著 『海洋審美論』では挿絵を描き、その序文で「当時青年画家中に於て前途有望の聞こえある小原古村(ママ)」とあり、頭角を表しつつある古邨の様子が伺える。

    そのようななか、順調に日本画家としての道を歩み始めた古邨に転機が訪れる。東京帝国大学・東京美術学校の教授をしていた当時、東京帝室博物館の顧問でもあったフェノロサに勧められて、主としてヨーロッパ向けの輸出用の色摺り木版画の下絵を描き始めると、1905年(明治38年)から版元の松木平吉 (5代目) (大黒屋平吉)と協力して「古邨」の号で木版画による花鳥画を発表した。なお、松木平吉のほか、 秋山滑稽堂、西宮与作からも花鳥画を版行している。

    画号は明治期の「古邨」、1926年(昭和元年)に渡辺版画店発行の作品に「祥邨」を用いて以降、酒井好古堂と川口商会の共同出版では「豊邨」と号して、花鳥画及び動物画の木版下絵を発表し続けた。1932年(昭和7年)4月、渡辺版画店主催で開催された「第3回現代創作木版画展覧会」に「金魚」、「波に千鳥」など多くの作品を出品している。この展覧会にはほかに、伊東深水、川瀬巴水、高橋松亭、伊藤孝之、上原古年、織田一磨、名取春仙、エリザベス・キースら多くの新版画の作家による木版画が展示された。

    渡辺版画店から出した花鳥版画は、古邨と彫師、摺師の卓越した職人技が生み出した見事な木版画であり、優れた美術作品として海外のコレクターの目を引き、『Times』誌に作品が掲載されるなど、その作品は欧米で人気を集めている。

    1945年(昭和20年)に東京の自宅で死去した。67歳。墓は金沢市の仰西寺。

    1912年(大正元年)に「祥邨」と改号してから1926年(昭和元年)までの間は肉筆画を描いていたといわれるが、大正から昭和初期に「古邨」と款する新版画作品「蓮」(松木平吉版)、「狐」(渡辺版)があり、大黒屋との関係が明治期のみであったのか、あるいは大正以降も「古邨」の号を併用、大正期に肉筆画のみでなく版下絵も描いたのかは検討を要す。なお花鳥版画は渡辺版画店においても続け、祥邨号の作品には後摺もある。
  • 316 1 17 hours ago