#armyと繋がりたい Instagram Photos & Videos

armyと繋がりたい - 1.5m posts

Top Posts

  • -🎀-

今日から新系統です(o^^o)♡
加工あんまりしないやつにしたのでたくさん投稿できるかと…

  • -🎀-
    
    今日から新系統です(o^^o)♡
    加工あんまりしないやつにしたのでたくさん投稿できるかと…
    
  • 102 2 2 hours ago
  • この投稿でfffみます〜〜🥺🍋
  • この投稿でfffみます〜〜🥺🍋
  • 1,345 58 26 January, 2020

Latest Instagram Posts

  • ・
このスローガンお気に 🧸💖
・

  • このスローガンお気に 🧸💖
  • 0 1 1 hour ago
  • 変なものを作るのがスキらしいですww
  • 変なものを作るのがスキらしいですww
  • 6 1 1 hour ago
  • 🐰🎀💒🎀💗
  • 🐰🎀💒🎀💗
  • 22 2 1 hour ago
  • --------------------
🍒
  • --------------------
    🍒
  • 15 2 1 hour ago
  • 19년12월20일
時隔六年多去了高雄
而且非常幸運的沒有遇到🐟的遊行:)
  • 19년12월20일
    時隔六年多去了高雄
    而且非常幸運的沒有遇到🐟的遊行:)
  • 1 1 1 hour ago
  • このマカロン!なかにもフルーツ入ってて美味しかった🤤🍓
  • このマカロン!なかにもフルーツ入ってて美味しかった🤤🍓
  • 14 2 1 hour ago
  • あまおう
  • あまおう
  • 13 1 1 hour ago
  • テヒョンさん!!!そろそろ会いたいんですけど?!!詳細出してください!!ねえ!!!!!!!
  • テヒョンさん!!!そろそろ会いたいんですけど?!!詳細出してください!!ねえ!!!!!!!
  • 12 1 1 hour ago
  • 防弾少年団は27日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて、「2020 グラミー行ってまいりました!」というタイトルで生放送を行った。「ビルボード・ミュージック・アワード」「アメリカン・ミュージック・アワード」など、これまで参加した授賞式と同じく、「グラミー賞」の出演を終えた直後、ARMY(ファンクラブ名)に感謝の言葉を伝えた。

リーダーのRMは「2020年、2回目のグラミー賞に参加しました。僕たちの出番は、正直多くなかったけれど、他のメンバーたちも、最大限努力して頑張ってくれたので感謝している」と感想を語った。

これに対して、Vは「僕たちがグラミー賞に出演した事だけでもすごいこと」と話し、ジミンは「本当はあり得ないことだ」とコメントした。

RMは「とにかく、グラミー賞のステージに立ったのは、韓国で僕たちが初めてらしい。いろいろ物足りないこともあったけれど、いつか僕たちのステージで一度……」と豊富を語った。これに対してSUGAは、「『ビルボード・ミュージック・アワード』を覚えていないの? 賞だけもらった。段階を踏むことが大切だ。今回はコラボステージもしたから、慎重に」と話した。

RMは「アカデミー賞の関係者の皆様、見ていらっしゃいますか? 今度はよろしくお願いします」とアピールした。SUGAは「知っている方は知ってると思いますが、これはとても難しいこと」と話した。RMは「成績が良いからと言ってできるものではなく、2万人ほどいるレコーディング・アカデミーの会員たちが毎年選定する。僕たちも会員」と説明した。

SUGAは「(今回の『グラミー賞』では)人々がステージに立つだけでも緊張しているようだった。僕たちも海外の市場をたくさん経験したが、これほど悲壮感が漂うことは初めてだった。先程ステージをして泣く方も居た。僕はアメリカ人ではないので、そこまで理解することはできないけれど、それくらいの権威がある(授賞式である)ことは分かった。(リル・ナズ・Xや、ディプロらとステージに)入る前に皆で集まって話をしたけど、悲壮感が漂っていた」と語った。 「グラミー賞」のホストを務めた歌手アリシア・キーズは、この日の授賞式のオープニングでピアノを演奏しながら、防弾少年団とK-POPについて言及し、より一層大きくなった世界での存在感を証明した。アリシア・キーズは、「皆さんがK-POPが好きであれ、ロックンロールが好きであれ、さまざまな楽曲を聴くことができるように協力します。皆、防弾少年団に心を奪われているけど」と称賛した。

これに対して、RMは「あの時、少し快感を感じた」という。ジミンは「僕が防弾少年団になって、防弾少年団という名前が聞こえたり、見るたびに、本当にゾクゾクする。言葉では表現ができない」と話した。

その他出演アーティストに会った感想も語った。SUGAは「今日は楽しかった。アッシャーを見たのも不思議だった」と話した。J-HOPEは「RMがナズを初めて見た時、僕の後ろに隠れた。本当に照れていた」と、可愛らしいエピソードを公開した。 「グラミー賞」で単独ステージを披露したいという願いも語った。SUGAは「来年も来たい」と話し、RMは「次は僕たちのステージで」と叫んだ。

ジミンは「今日のステージを披露しながら感じたけれど、他の方々のステージがカッコよすぎて、僕たちの単独ステージもしたかった。僕たちのステージも本当にカッコいいから、やってみたいと思った。すごく残念だった」と語った。SUGAは「来年、また来ようね」と意気込みを表し、RMは「僕たち、毎日祈ろう」と提案した。

防弾少年団はこの日、初の「グラミー賞」でのステージ披露を祝福して、ケーキとシャンパンを用意した。お祝いの言葉を言ったジョングクは「今日皆さんと一緒に遠くまで来て、素敵な授賞式に参加することができて嬉しかった。また、ARMYの皆さんと一緒にいられて嬉しかった。来年もここに来る機会があれば良いと思う。お疲れ様」と話した。

ジミンは「ARMYの皆に一番感謝している。ARMYがいたからこそ、できたことだ」と、ファンに感謝の気持ちを表した。

更にメンバーたちは、ニューアルバムも期待してほしいとコメントした。ジミンは「半端じゃない。皆さん。本当に冗談じゃないよ」と予告した。RMは「僕たちのアルバムが本当に半端じゃない。皆すごく格好いい。たくさん期待してほしい。来年グラミーに行けるように、2020年も元気いっぱい駆け抜ける」と予告した。

メンバーたちは「ARMY、ボラ(紫色、虹の最後の色である紫色のように、いつまでも相手を信じて愛し合おうという意味)して」と言って、生放送を終えた。

防弾少年団は27日午後、所属事務所の公式コメントを通じて「昨年授賞をして、必ず帰ってくると話したが、現実になるとは夢にも思っていなかった。当時アーティストの方々のステージを見ながら、自分たちもステージに立ちたいと思っていたが、願いが叶って本当に嬉しい」と伝えた。

記事画像お借りしました。

#bts
#bangtanboysarmy
#大人army
#armyと繋がりたい
#ジミンちゃんのこの髪型好き💕
  • 防弾少年団は27日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて、「2020 グラミー行ってまいりました!」というタイトルで生放送を行った。「ビルボード・ミュージック・アワード」「アメリカン・ミュージック・アワード」など、これまで参加した授賞式と同じく、「グラミー賞」の出演を終えた直後、ARMY(ファンクラブ名)に感謝の言葉を伝えた。

    リーダーのRMは「2020年、2回目のグラミー賞に参加しました。僕たちの出番は、正直多くなかったけれど、他のメンバーたちも、最大限努力して頑張ってくれたので感謝している」と感想を語った。

    これに対して、Vは「僕たちがグラミー賞に出演した事だけでもすごいこと」と話し、ジミンは「本当はあり得ないことだ」とコメントした。

    RMは「とにかく、グラミー賞のステージに立ったのは、韓国で僕たちが初めてらしい。いろいろ物足りないこともあったけれど、いつか僕たちのステージで一度……」と豊富を語った。これに対してSUGAは、「『ビルボード・ミュージック・アワード』を覚えていないの? 賞だけもらった。段階を踏むことが大切だ。今回はコラボステージもしたから、慎重に」と話した。

    RMは「アカデミー賞の関係者の皆様、見ていらっしゃいますか? 今度はよろしくお願いします」とアピールした。SUGAは「知っている方は知ってると思いますが、これはとても難しいこと」と話した。RMは「成績が良いからと言ってできるものではなく、2万人ほどいるレコーディング・アカデミーの会員たちが毎年選定する。僕たちも会員」と説明した。

    SUGAは「(今回の『グラミー賞』では)人々がステージに立つだけでも緊張しているようだった。僕たちも海外の市場をたくさん経験したが、これほど悲壮感が漂うことは初めてだった。先程ステージをして泣く方も居た。僕はアメリカ人ではないので、そこまで理解することはできないけれど、それくらいの権威がある(授賞式である)ことは分かった。(リル・ナズ・Xや、ディプロらとステージに)入る前に皆で集まって話をしたけど、悲壮感が漂っていた」と語った。 「グラミー賞」のホストを務めた歌手アリシア・キーズは、この日の授賞式のオープニングでピアノを演奏しながら、防弾少年団とK-POPについて言及し、より一層大きくなった世界での存在感を証明した。アリシア・キーズは、「皆さんがK-POPが好きであれ、ロックンロールが好きであれ、さまざまな楽曲を聴くことができるように協力します。皆、防弾少年団に心を奪われているけど」と称賛した。

    これに対して、RMは「あの時、少し快感を感じた」という。ジミンは「僕が防弾少年団になって、防弾少年団という名前が聞こえたり、見るたびに、本当にゾクゾクする。言葉では表現ができない」と話した。

    その他出演アーティストに会った感想も語った。SUGAは「今日は楽しかった。アッシャーを見たのも不思議だった」と話した。J-HOPEは「RMがナズを初めて見た時、僕の後ろに隠れた。本当に照れていた」と、可愛らしいエピソードを公開した。 「グラミー賞」で単独ステージを披露したいという願いも語った。SUGAは「来年も来たい」と話し、RMは「次は僕たちのステージで」と叫んだ。

    ジミンは「今日のステージを披露しながら感じたけれど、他の方々のステージがカッコよすぎて、僕たちの単独ステージもしたかった。僕たちのステージも本当にカッコいいから、やってみたいと思った。すごく残念だった」と語った。SUGAは「来年、また来ようね」と意気込みを表し、RMは「僕たち、毎日祈ろう」と提案した。

    防弾少年団はこの日、初の「グラミー賞」でのステージ披露を祝福して、ケーキとシャンパンを用意した。お祝いの言葉を言ったジョングクは「今日皆さんと一緒に遠くまで来て、素敵な授賞式に参加することができて嬉しかった。また、ARMYの皆さんと一緒にいられて嬉しかった。来年もここに来る機会があれば良いと思う。お疲れ様」と話した。

    ジミンは「ARMYの皆に一番感謝している。ARMYがいたからこそ、できたことだ」と、ファンに感謝の気持ちを表した。

    更にメンバーたちは、ニューアルバムも期待してほしいとコメントした。ジミンは「半端じゃない。皆さん。本当に冗談じゃないよ」と予告した。RMは「僕たちのアルバムが本当に半端じゃない。皆すごく格好いい。たくさん期待してほしい。来年グラミーに行けるように、2020年も元気いっぱい駆け抜ける」と予告した。

    メンバーたちは「ARMY、ボラ(紫色、虹の最後の色である紫色のように、いつまでも相手を信じて愛し合おうという意味)して」と言って、生放送を終えた。

    防弾少年団は27日午後、所属事務所の公式コメントを通じて「昨年授賞をして、必ず帰ってくると話したが、現実になるとは夢にも思っていなかった。当時アーティストの方々のステージを見ながら、自分たちもステージに立ちたいと思っていたが、願いが叶って本当に嬉しい」と伝えた。

    記事画像お借りしました。

    #bts
    #bangtanboysarmy
    #大人army
    #armyと繋がりたい
    #ジミンちゃんのこの髪型好き 💕
  • 0 0 1 hour ago
  • 友達からもらったカップホルダー😭

ありがとう‼︎^ ^
  • 友達からもらったカップホルダー😭

    ありがとう‼︎^ ^
  • 18 1 1 hour ago
  • 🚰
・
・
・
  • 🚰


  • 30 1 2 hours ago
  • Wait ! Today is mùng bar ???
  • Wait ! Today is mùng bar ???
  • 105 1 3 hours ago
  • 珍しく少しガーリー😌
  • 珍しく少しガーリー😌
  • 38 3 4 hours ago
  • ・
・
・
ジンくんと同じレベルで可愛いんだよなぁ
・
・



  • ジンくんと同じレベルで可愛いんだよなぁ

  • 20 1 26 January, 2020
  • 19년12월20일
除夕要領大紅包:)🧧
  • 19년12월20일
    除夕要領大紅包:)🧧
  • 25 1 24 January, 2020